天気 雨雲レーダー。 気象庁

気象庁

また、1、2回の確率が予測されない地域でも、急激に雲が発生し、竜巻などの突風が発生することがありますので、急激な気象変化にご注意ください。 2〜4の活動レベルが予測される場合、落雷のリスクが高いため、建物内などの安全な場所にすぐに避難します。 ] レーダー画像(過去7日間)(注)クラウドアニメーションがスムーズでない場合は、最新のブラウザーを試してください。 ] [.. 画像に台風が写っている場合、台風の位置を追跡できます。 ] [.. また、避難に時間がかかる場合は、雷雨警報や活動レベル1が予測される段階から早めの対応が必要です。 ] [.. このため、確率が1以上で漏れの少ない領域では、予測の精度は1〜7%程度です。

Next

デジタル台風:ライブ気象レーダー画像(Googleマップ上)

アクション1-「雷の可能性」。 ] [.. レーダー画像の色の凡例 レーダー画像の色の凡例を以下に示します。 したがって、確率が1または2であっても、通常よりも竜巻などの強い突風に遭遇する可能性がはるかに高いため、強固な建物の内部に高度な乱流雲が近づいている兆候がある場合は、ログインして安全を確保してください。 または、今は発砲していませんが、おそらく攻撃するでしょう。 1の発生確率は、2の発生確率ではカウントされないケースを補うように設定され、スプレッドと発生の数が増加します。 Thunder Nowcastについて 活動レベルは、最新の雷状況や雨雲の分布により以下のように分類されます。 竜巻のような強い突風は、人間の生活ではめったに起こらない非常にまれな出来事です。

Next

デジタル台風:ライブ気象レーダー画像(Googleマップ上)

アクション4は「激しい雷」であり、多くの落雷があることを意味します。 雨雲の現在の動きをズームイン・ズームアウトで確認でき、雨雪情報ツールとして役立ちます。 ] [..。 1時間以内に雷が発生する可能性があることを意味します。 ] [.. Act 3-雷雨を意味する「弱い雷」。 ] [.. ] [.. また、雷雨警報や活動レベル1〜4が発表されていない地域でも、暴風雨や雷が急速に発生することがありますので、急激な気象変化にご注意ください。 画像は10分ごとに更新され、過去7日間の画像を表示に切り替えることができます。

Next

デジタル台風:ライブ気象レーダー画像(Googleマップ上)

竜巻の可能性の予測について 発生確率が2の地域では、竜巻(予測値)などの強い突風の確率は7〜14%です。 ライブ気象レーダー画像(エコー強度)がGoogleマップに表示されます。 画像を一度読み込んでキャッシュに保存すると、動きがスムーズになります。 活動レベル2-「雷あり」では、雷を見て、雷を聞くことができます。 。 。

Next

デジタル台風:ライブ気象レーダー画像(Googleマップ上)

。 。 。 。 。 。

Next

気象庁

。 。 。 。 。 。

Next